製薬会社 学術の新卒求人ってあるの?

製薬会社 学術職は新卒よりも中途採用が狙い目

 

 

 

 

現在、製薬会社の学術職で働く薬剤師です。

 

新卒で入社した調剤薬局を退職し、製薬メーカーの学術への転職経験があります。

 

私の転職経験をまとめましたので、学術に転職したい薬剤師さんの参考になれば幸いです。


 

製薬会社の学術職は、新卒薬剤師を採用をしているところはあまり多くありません。
メーカーによっては新卒でも採用枠がある会社もありますが、
多くがMRを経験してから学術へ移動するというケースが多いです。

 

 

学術の仕事は会社の営業戦略を元に、学術的な営業支援を考える必要があるため、
営業を経験している人の方が仕事を進めやすいことが多いためです。

 

 

一部のメーカーは、学術職の社員を新卒薬剤師で採用していますが、
毎年求人があるわけではなく欠員が出た場合の補充となるため、
自分が卒業する年に採用があるとは限りません。

 

 

新卒薬剤師が、学術職へ入社するためには、
その年に学術職の新卒募集があるかどうかという運やタイミングにも左右されるので、
新卒で学術職に就職できるかどうかは一概に言えません。

 

 

仮に新卒での学術職の募集があったとしても
募集枠は1〜2名などかなり少ないので倍率も高く、合格までの道は険しいと言えます。

 

 

新卒で学術職を受けれなかった場合は、どうすればいいの?

 

新卒で学術に採用されないとすると、
先程紹介したようにまず新卒時にMRで入社してある程度経験を積んだ後に
学術に移動するケースが多いです。

 

 

そうなると、MRをやりたくない場合、「学術職にはなれないの?」と思われるかもしれません。
しかし、それ以外にも学術職に就く方法はもちろんあります。

 

 

そのひとつが、転職で製薬メーカーの学術につく方法です。

 

 

   

 

 

学術職の社員を中途募集している会社は、
調剤薬局の薬剤師など学術未経験者の転職を受け入れているところが多いです。

 

 

そのような会社は、学術職に急な退職者が出て新卒採用の時期まで待てない場合、
「学術未経験者でもいいから薬剤師を中途で採用をしたい」と考え、
転職サイトに求人を出します。

 

 

私が調剤薬局から未経験で入社できた会社も、
急な欠員を補充するための募集でした。

 

 

新卒採用で受験できるのは卒業する年のみ1回だけですが、
中途採用であれば求人が出るたびに応募することができるので、チャンスは1回だけではありません。

 

 

製薬会社の学術への転職は難しいように思うかもしれませんが、
新卒よりチャンスは多いのです。

 

 

ただし、その場合のポイントとしては少しでも早く情報収集を始めることです。

 

 

     

 

 

求人が出ている情報が入手できなければ、
せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。

 

 

学術職への転職を考えている場合は、まずは薬剤師転職サイトに登録して、
コンサルタントに製薬会社の学術職の募集が出たら、教えてもらうようにお願いしておきましょう。

 

 

すぐに学術職の求人が見つかるとは限らないので、
転職を迷っている状態でも、転職サイトに登録はしておくことをおすすめします。

 

 

もし転職サイトのコンサルタントから学術職の求人の紹介があっても転職する気がなければ、
断ればいいだけですので全く心配はありません。

 

製薬会社の学術職は人気があるので、
あなたが断ってもコンサルタントは他に紹介する人がたくさんいるので大丈夫です。

 

 

学術求人を探すには、転職サイト選びが成功のカギを握る!

 

製薬メーカーの学術求人を紹介してもらうために転職サイトを利用する場合は、
登録する転職サイト選びがとても重要です。

 

 

薬剤師転職サイトはどこも同じだと思うかもしれませんが、
会社によって求人数や扱っている求人内容が全然違うので、

 

製薬企業の求人がほとんどない転職サイトに登録してしまうと、
「いつまで経っても学術求人を紹介してもらえない…」となってしまいます。

 

 

 

 

私が転職した時は、7社ほどの転職サイトに登録しましたが、
学術求人を紹介してくれたのは、そのうちの2社だけでした。

 

 

私の転職経験から学術に転職したい人に必須の転職サイトは「リクナビ薬剤師」です。
製薬会社とのパイプが強く、メーカー求人を多数扱っています。

 

 

また、「リクナビ薬剤師」の中でも製薬会社の求人は非公開求人になっていて、
登録した薬剤師にしか求人は紹介されませんので、学術希望の人はぜひ登録をおすすめします!

 

 

  製薬会社への転職に必須!「リクナビ薬剤師」

 

 

 

「リクナビ薬剤師」は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、
利用した薬剤師からの高い評判と多くの転職実績があります。

 

非公開求人が75%と業界で断トツに多い!

製薬会社の学術求人はほとんどが非公開求人です。
その非公開求人75%保有しており、業界で最も非公開求人多いのが「リクナビ薬剤師」です。
非公開求人は無料登録しないと見れませんので、
学術求人を探すなら「リクナビ薬剤師」には必ず登録しましょう!

 

 

大手製薬会社とのパイプが強く、製薬会社の求人が多い

老舗人材紹介会社としての強いコネを作ってきた「リクルート」ならではの
大手製薬企業とのパイプが強さが魅力です。
製薬会社への転職を考える際に「リクナビ薬剤師」は外せません。

 

 

優秀なコンサルタントが多く、レベルが高い

転職の最強集団といわれるリクルートグループだけあって、
コンサルタントのレベルが高く交渉力に定評があります。
コンサルタントは、求人先とあなたの橋渡しをしてくれる非常な重要な役割です。
コンサルタントの交渉力により、転職の合否や雇用条件が変わると言っても過言ではありません。

 

 

⇒「リクナビ薬剤師」に相談するならコチラ