製薬会社の学術になるには?未経験薬剤師でも転職できました

製薬メーカーの学術になるには?実際に転職に成功した方法

 

 

 

 

現在、製薬会社の学術職で働く薬剤師です。

 

新卒で入社した調剤薬局を退職し、製薬メーカーの学術への転職経験があります。

 

私の転職経験をまとめましたので、学術に転職したい薬剤師さんの参考になれば幸いです。


 

製薬メーカーの学術職になりたい、興味があるけど、
「どうやったらなれるのかがわからない…」
「調剤経験しかないから、なれないんじゃないか…」
と思っている薬剤師も多いのではないでしょうか。

 

 

私の調剤薬局から製薬会社の学術への転職経験談や
転職サイトのコンサルタントから教えてもらった情報を含め、
学術になるにはどうしたらいいかをまとめました。

 

 

製薬会社の学術になるには?

 

製薬メーカーの学術になるのに、何かの資格が必要なものはありません。
ただ、これは会社によって違いがあります。

 

 

学術職は薬剤師しか募集していない会社もあれば、
看護師、医師などの有資格者がいる場合もありますし、
営業学術としてMRから学術職に異動した場合だと文系出身ということももちろんあります。

 

 

学術の主な仕事内容は、
「DI業務(Drug Information Services)」です。
一言で言うと医薬品の情報管理業務です。

 

 

処方や副作用のことをはじめ、医薬品にまつわる情報を収集・整理・管理し、
医師や薬剤師などの医療関係者や一般の方々に提供する仕事です。

 

 

学会のガイドライン改訂で、治療方針が変更になるなど情報は常に進化しているため、
情報の収集・整理・管理が不可欠です。
管理している情報を元に、医師や薬剤師などの医療関係者や
一般の方々からの電話による問い合わせに対応を行います。

 

 

そのため、学術の仕事を行うのに薬学的な知識が必要なことは言うまでもありませんので、
薬剤師であることは学術になるためにはとても有利なポイントです。

 

 

      

 

 

学術の仕事は製薬会社だけではない!

 

近頃、学術の仕事であるDI業務については、
製薬会社が専門企業に委託するという流れも多くなっています。

 

 

製薬会社向けに特化して
学術・DIなどの医療品情報管理サービス・コールセンター委託を行っている企業が存在しており、
そういった会社でもDI業務の求人が出ている事がたくさんあります。

 

 

転職サイトのコンサルタントいわく、
最近は製薬会社の学術職よりコールセンターの求人の方が圧倒的に多いのだそうです。

 

 

このようなDI業務、コールセンターを受託している会社に勤務した場合、
薬剤者の勤務先は2つのパターンがあります。

 

 

ひとつは、転職先のコールセンター内で働く場合と、
製薬会社の学術部門に派遣され、その会社で仕事をするケースです。

 

 

一つの製薬会社で長く勤務することもあれば、
プロジェクトや契約に応じていくつかの製薬会社で働くチャンスもあるので、
幅広い知識が身につけることができます。

 

 

デスクワーク中心で身体の負担も少なく、残業や休日出勤もありません。
また、未経験者の転職も多く、研修体制も非常に整っているので、
DI業務がしたい場合の転職先としておすすめできる選択肢のひとつです。

 

 

また、コールセンターは女性が多く働いているので、 事業所内に託児所が設置されていたり、
パートタイマーや派遣社員などライフスタイルに合わせた働き方を認めているところが多いです。

 

 

製薬会社の学術職に比べ求人数が多いので、転職するチャンスがたくさんあります!
DI業務をやってみたい薬剤師さんには、ぜひ一度探してみてはどうでしょうか。

 

 

薬剤師が学術・DI職の求人を探すなら

 

学術・DI職として製薬会社への転職を考える場合は、
薬剤師転職サイトを利用するのが一番確実です。

 

 

 

 

学術・DI職は製薬会社にとって今後の事業を左右する大変重要なポジションであり、
事業戦略とも大きく関わるため、企業はライバル会社に学術職を募集していること知られないように、
採用を進めていきたいと考えています。

 

 

そのため、大手外資の製薬会社やとても人気が高い国内の大手製薬会社をはじめ、
ほとんどの製薬会社は学術・DI職のポジションは非公開求人でしか募集をしていません。

 

 

学術・DI職の求人を探すなら、転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう!
コールセンター求人についてもいろいろ紹介してもらえます。

 

 

私の転職経験から学術職への転職におすすめの転職サイトを紹介していますので、
製薬メーカー希望の人はここにはぜひとも参考にしてみてください!

 

 

  製薬会社への転職に必須!「リクナビ薬剤師」

 

 

 

「リクナビ薬剤師」は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、
利用した薬剤師からの高い評判と多くの転職実績があります。

 

非公開求人が75%と業界で断トツに多い!

製薬会社の学術求人はほとんどが非公開求人です。
その非公開求人75%保有しており、業界で最も非公開求人多いのが「リクナビ薬剤師」です。
非公開求人は無料登録しないと見れませんので、
学術求人を探すなら「リクナビ薬剤師」には必ず登録しましょう!

 

 

大手製薬会社とのパイプが強く、製薬会社の求人が多い

老舗人材紹介会社としての強いコネを作ってきた「リクルート」ならではの
大手製薬企業とのパイプが強さが魅力です。
製薬会社への転職を考える際に「リクナビ薬剤師」は外せません。

 

 

優秀なコンサルタントが多く、レベルが高い

転職の最強集団といわれるリクルートグループだけあって、
コンサルタントのレベルが高く交渉力に定評があります。
コンサルタントは、求人先とあなたの橋渡しをしてくれる非常な重要な役割です。
コンサルタントの交渉力により、転職の合否や雇用条件が変わると言っても過言ではありません。

 

 

⇒「リクナビ薬剤師」に相談するならコチラ