製薬会社の学術求人の探し方−こうやって見つけました

【転職希望者必見!】製薬会社の学術求人はこうやって探す!

 

 

 

 

現在、製薬会社の学術職で働く薬剤師です。

 

新卒で入社した調剤薬局を退職し、製薬メーカーの学術への転職経験があります。

 

私の転職経験をまとめましたので、学術に転職したい薬剤師さんの参考になれば幸いです。


 

「製薬会社の求人は少ない」「製薬会社への転職はできない」
という風に思っている薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

 

薬剤師はまだまだ売り手市場なので、求人はたくさんありますが、
たしかに製薬会社の求人となると少し話は違います。

 

 

例えば、リクナビ薬剤師のホームページの求人数を見てみると、
全国の薬剤師求人数の業種別の内訳はこのような状況です。

調剤薬局 31459件
ドラッグストア(調剤併設) 8075件
ドラッグストア(OTCのみ) 1620件
病院 2311件
クリニック 51件
企業 70件

 

 

こうやって求人数をみると、企業求人は少ないように思われるかもしれませんが、
実際には企業求人はもっとあるんです。

 

 

製薬メーカー求人は非公開求人になっている!

 

これを読んでくださっているみなさんは、
転職サイトの非公開求人というのを聞いたことがあるでしょうか。
転職サイトを見ると「非公開求人○○%」とか書いてることがよくあります。

 

普通に転職サイトで求人を検索した場合に結果に出てくるのは、
一般に公開されている求人のみで「非公開求人」はサイト上には公開されていません。

 

 

製薬メーカーの求人を探すには、この「非公開求人」がポイントで、
非公開求人が求人のカギを握っているといっても過言ではありません。

 

そもそも、製薬会社の学術職はなぜ非公開求人になっているのでしょうか。

 

 

応募が殺到すると選考が大変になってしまうため

製薬会社の学術求人は人気が高く、公開求人にすると応募が殺到してしまい
企業側での選考に時間もお金もかかってしまいます。

 

学術職の募集はほとんどが1名くらいです。その募集に100名もの応募者がきたら、
履歴書や職務経歴書をチェックするだけでも大変ですよね。

 

応募資格に満たしていない人もいることもあるので、効率が悪いです。
そういったことを避けるためにも、転職サイトのコンサルタントを経由して
効率よく求人を集めるようにしています。

 

 

すぐに求人が埋まってしまうため

製薬メーカーの学術職の募集の場合、
すでに転職サイトに登録している薬剤師さんで希望する人がいた場合、
サイトに掲載する前にポジションが埋まってしまいます。

 

公開求人になる前に募集が終了しているのです。求人を紹介してもらうためには、
まず転職サイトに登録しておかなければスタート地点にも立てないことになるのです。

 

 

ライバル会社にばれないようにするため

学術・DI職は製薬会社にとって今後の事業を左右する大変重要なポジションであり、
事業戦略とも大きく関わります。

 

企業はライバル会社に学術職を募集していること知られないように、
採用を進めていきたいと考えています。

 

そのため、大手外資の製薬会社やとても人気が高い国内の大手製薬会社をはじめ、
ほとんどの製薬会社は学術職のポジションは非公開求人でしか募集をしていません。

 

 

転職サイトに登録すれば非公開求人がすべて見れるわけではない

 

非公開求人を見るためには、まず薬剤師転職サイトへの登録をしなければいけません。

 

ただ、転職サイトに登録すればすべての非公開求人が見れるわけれではないのです。
学術職などの場合、希望する人にコンサルタント経由で直接紹介される求人も存在します。

 

そのため、転職サイトに登録したら、
コンサルタントにあなたの希望をしっかり伝えるようにしましょう!

 

 

 

 

そうすることで、非公開求人の中であなたの希望に合う求人があれば、
コンサルタントさんが求人を紹介してくれます。

 

今すぐ希望求人がない場合でも、製薬会社の学術求人が出たら連絡がくるので、
求人のタイミングを逃すこともありません。

 

 

非公開求人は多くの人には紹介されず、
意外と応募が殺到せず穴場な求人であることもあるので非常におすすめです。

 

 

学術求人を探すなら非公開求人の多い転職サイトを利用する

 

製薬会社の学術求人を探すには、
非公開求人が多い薬剤師転職サイトを利用することが重要です。

 

ただ、転職サイトであればどこでも非公開求人をたくさん保有しているわけではありません!
転職サイトに登録する時には、ぜひとも非公開求人の多さをチェックしてください。

 

転職サイトによって非公開求人の数は全く違います。

 

 

非公開求人が多いほど、学術求人に出会える確率が高くなります。

 

私が調べた中で非公開求人がダントツに多い薬剤師転職サイトは、「リクナビ薬剤師」です。
製薬会社の学術職求人を探す場合は、ぜひ登録することをおすすめします!

 

 

  製薬会社への転職に必須!「リクナビ薬剤師」

 

 

 

「リクナビ薬剤師」は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、
利用した薬剤師からの高い評判と多くの転職実績があります。

 

非公開求人が75%と業界で断トツに多い!

製薬会社の学術求人はほとんどが非公開求人です。
その非公開求人75%保有しており、業界で最も非公開求人多いのが「リクナビ薬剤師」です。
非公開求人は無料登録しないと見れませんので、
学術求人を探すなら「リクナビ薬剤師」には必ず登録しましょう!

 

 

大手製薬会社とのパイプが強く、製薬会社の求人が多い

老舗人材紹介会社としての強いコネを作ってきた「リクルート」ならではの
大手製薬企業とのパイプが強さが魅力です。
製薬会社への転職を考える際に「リクナビ薬剤師」は外せません。

 

 

優秀なコンサルタントが多く、レベルが高い

転職の最強集団といわれるリクルートグループだけあって、
コンサルタントのレベルが高く交渉力に定評があります。
コンサルタントは、求人先とあなたの橋渡しをしてくれる非常な重要な役割です。
コンサルタントの交渉力により、転職の合否や雇用条件が変わると言っても過言ではありません。

 

⇒「リクナビ薬剤師」に相談するならコチラ